本館古勢起屋

銀山温泉のご紹介

銀山温泉の紅葉は例年10月下旬頃から

朝夕の涼しさに季節の移り変わりを感じる9月。

銀山温泉も日に日に秋めいてきました。

例年、銀山温泉の紅葉の見ごろは10月下旬から11月上旬頃。

もちろん、その年の天候によっても異なるため、
これからの時季は日々変化する山の表情から目が離せません。

温泉街の一番奥、銀山温泉のシンボルでもある“白銀の滝”付近は
「白銀公園」と言われる自然公園で
滝の脇からのびる山道を少し登ったところにある赤い“せことい橋”からは、
色とりどりの紅葉と清流が織りなす景色が楽しめます。

そこから先の銀坑洞までは往復約2km、
所要時間約40分程の散策コースです。
銀坑洞の奥にある、“おもかげ園”周辺は
毎年、紅葉がきれいに色づく人気の紅葉スポット。

鏡のような水面に映し出された
“逆さ紅葉”は周囲の静けさとあいまって心癒される景色です。

 

一帯で色づく木々の種類は主に
モミジ、ナラ、カエデなどの落葉広葉樹。
広葉樹に覆われた山はそれだけ昔のままの
佇まいを残している証でもあります。

長い歴史を今に伝える銀山温泉で
先人たちもかつて眺めたであろう
色づく秋の山々に会いに足を延ばしてみるのも
優雅な時間旅行のひとつかもしれません。

カテゴリー

人気の記事